読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

好きな子だったら頑張れる

資産家の息子で、自分を称して、
「ただの金持ちじゃないよ、ただの大金持ちだよ」
と宣うような人間が言うには
「好きな子なら頑張れるだろ、仕事もそうだよ。好きな女だと思える会社を選べ」
と言われた時に、そうかも知れない、と思った。
妄想して、飛躍して、うまいこと自分を落ち着かせて、恐れながらも実行する。
恋や仕事の楽しさの基本はそれだって思い出した。


今日は夜、珍しく電話をせずメールを送った。
桜咲く頃、ワインとサンドイッチとつまみを持って、浜離宮に行く事になった。
そう言えば好きな彼女を喜ばせるための妄想をあまりしていない事にも気づいた。
当然つまらないわけだ。