読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

腐女子をこじらせる

20代後半になって腐女子をこじらせていると恋愛もままならない。
彼女の友人たちの話を聞いてそう思う。
「それ、はまぐりくんからもらったの?そういうのあげそうにないのに」(失敬な話だ)
彼女が友人に指輪の事を聞かれたとき
「アガットとノジェスを行ったり来たりして選んでくれたんだよ」
と答えたら
「私がそんなことされたら、その思い出だけで80年は生きられる」
と言ってわんわん泣き出したんだそう。
「私にはそんなことしてくれる人、絶対あらわれないもん」
とおぎゃーふぎゃー。
酒が入ってたのもあるだろうけど
「そんなことないよ、いつかあらわれるよ」
とフォロー入れども
「今までだってそうだったんだから、これからだってそうだよ」
と言って聞かなかったらしい。
嫌な話だ。
かといってその子はモテ技術を江古田ちゃん言うところの猛禽だといって蔑視するようなところがある。
なんというか「相手に喜んでもらうこと」より「自分の行動がどこに所属しているのか」を気にしてしまうんだと思う。
「男が話し出したら、その話知ってても知らない振りして、驚いてあげるとかさ。聞いてくれるって嬉しいじゃん」
「や、無理だね。それこそ猛禽だよって、話てるのさえぎって自分で説明しだしちゃいそう」
「かといって知らない話されても、それはホント興味ないとこだろうしね」
「う〜ん」
と二人でうなりこんでしまった。
その子は菊池成孔にメール出して「新宿のおいしいランチの店聞いたの」とか大喜びしてるような、話し聞くたびその腐女子ぶりに顔をしかめさせられてしまう所がある(俺がややサブカルアレルギーなのもあり)
なんか傾向としてサブカル好きは素直でないというかツンデレというかめんどくさい子多いよね。
相手が喜んでくれるなら、知らん振りも素直な感情を伝えることも出来るってあると思うし、それは全然恥ずかしくもなくて悪いことでもないと思うんだけどな。
サブカルっ子の所属意識みたいなもんって根強いね。「その行動は猛禽だ」みたいなさ。
早く恋をしなよと無責任に思う。
恋をするには、たくさんの人に出会うことと自分が変わること。
それだけなんじゃねーのと思います。