やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

鬼太郎がウェンツならベッキーが猫娘

そんでもって子泣きジジイをシルベスタスタローンがやる。ないなー、それは。
いやでも実際のキャスティングもかなり豪華。
http://www.gegege.jp/
金曜に試写会に行ってきます。
あの子に鬼太郎の映画の話をしたら、「目玉の親父は誰がやるの?」って聞いてきたからビックリした。「いや目玉だし実写は難しいんじゃないかな…」天然かもしんない。
あとそれから目玉の親父は鬼太郎の左目ではありません。何度も言うけど。

見た見た見た

映画ばっかり見てます。

10ミニッツ・オールダー コレクターズ・スペシャル [DVD]

10ミニッツ・オールダー コレクターズ・スペシャル [DVD]

豪華監督面々の短編集。
誰が撮ったか確認しなくてもわかってしまう個性。特にどーという事もなく。
[rakuten:book:11905024:detail]
嘘吸って嘘吐いて。どうせつくならつかれるなら素敵な嘘の中で過ごしたいとかそーゆー事を思った。
フラワーズ・オブ・シャンハイ

フラワーズ・オブ・シャンハイ

ミニマリズムって最近のキーワード。
気になったところまでのあらすじはこう。

清朝末期の上海。遊郭では高級官僚達が毎日のように宴。トニー・レオン羽田美智子と5年来のなじみであるが、他の女の元へも通い始めた。泣きやまない羽田をトニーは懸命になだめるが、対処しきれずただ戸惑うばかり。トニーが訪れる度に沈み込み不機嫌な羽田も、そんな自分自身を持て余し気味。必死になだめるトニーではあるが、婚礼にも応じない羽田の真意がいまだ掴み切れない。ある宴席で泥酔したトニーが不意に羽田の部屋を訪れると、寝室には京劇役者のチャンがいた。トニーは激怒し部屋の物を辺り構わず壊していく。

要は、トニーが浮気して、浮気されてキレた、って事になるんですけど、実はそーゆー単純な話ではなくて、これ計算されたイライラミニマリズムになってる。
ワンカット長回し。繰り返される単調な宴。全く進展しない恋模様。
観客の退屈とストレスとシンクロしてトニーがキレたような気さえしたわけです。
それにしてもトニーは駄目男。

時々、衝動

全身の毛を剃りたいような気分。これはなんだ?
特にアリの門渡りはむずかしそー