読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

嘘をつくようになった

3歳になった娘は嘘を覚えて使い出した。 あるものは他愛のない、あるものは保身のための嘘。 発達の過程として考えれば嘘をつく行為自体に問題ないが、しつけとしては少なくとも嘘を嘘だと指摘する必要があり、場合によってはその嘘はいけないと教える必要がある。 しかし自分自身が嘘をついたことがないかと言われれば、たくさんついたし、今も嘘をついてないかと言われると大変怪しい部分があって、胸を張ってしつけするには若干のうしろめたさがある。 質が悪いのは、大人の嘘はついてる自分でさえ「これは嘘ではない」と信じていて自覚症状がなかったりすること。

なんにせよ、娘が保身や他人を傷つける類の嘘をついたら、自分のことは棚に上げて、「そういう嘘つくな!」と叱る所存。いやそういう決意が必要と思っている。できるか甚だ疑問。怪しいな。怪しすぎる。妻に任せよう。