読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

妊娠日記

時系列がかなり曖昧ですが、思い出して書く。


■妊娠2ヶ月過ぎ
発覚。生まれる実感がない、ましてや自分の子供という実感をや。
金とか区の援助とかそういうをひと通り調べる。
嫁の体調が悪くなり、もう少し二人だけの時間が欲しかったかもなと思う。

■妊娠3〜4ヶ月
友人にもこの時期くらいにちらほら報告。
自分の周りの、出産・子育て事情を耳にし始めるが、実感なく他人ごとのように頭に入ってこない。
嫁の悪阻がひどく料理も作れなくなる。
嫁はいつも機嫌が悪いし、膨らみ始めるお腹が怖くて極力近づかない。
生まれる前にしかできない事を考え、実行しておこうと思う。(インド旅行とか)

■妊娠5ヶ月
嫁に苦しそうな私を放置するな怒られる。
何もできないなりに声をかけようと思う。
自分が子供と遊んだりするシーンをすこしだけ思い浮かべたりし始める。
周囲の人が男に違いないというのもあって、生まれてくる子は男の子だと思い込んでいる。

■妊娠6カ月
嫁が旅行へ行けるくらい悪阻が楽になった。
ちょっとだけ子供が生まれる実感がわく、3人暮らしになるのだ。
お腹も触ってるうちに怖くはなくなってきた。

■妊娠7カ月
女子だと発覚し、うろたえて歯を磨く。
嫁が料理を本格的に再開し始める。
名前を画数とか考慮して考え出す。
動く胎児を嬉しく思う。

■妊娠8ヶ月〜現在
子供が生まれるのが楽しみになってくる。
女子は結婚すれば苗字変わるわけだしと名前の画数とかめんどくなってくる。
とにかく早く立って歩いて、しゃべって欲しいと思う。
まだ生まれてすらいないけど。