読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

眠れない夜は

転職するので引継でいろいろ教えていた。
その教えていた優秀な女の子が突如先週の金曜日に辞めた。
「わたし一人でやる仕事ではありません。しかもこの会社いい加減すぎ」
役員に八つ当たりして帰った、その日の蟹座の運勢は11位。
土曜日は、嫁とデートの途中に「俺帰るわ」と大技をやってのけた日(人生初めて)で、会社用携帯のiphoneはなくすし何かとついてない日だった。
蟹座は12位。
日曜日は後輩が同棲を始めた女子と別れてモトカノと付き合いたいとかで相談に来た、モトカノを連れて。どうでもいいから好きにしてほしい。
月曜日は引継の女の子が辞めたショックで会社を休んだ、というていになっているはず。
「わたし一人でやる仕事ではない、と思うけど、俺はこのいい加減な会社で一人でやってんだよバーロー」
蟹座の運勢は4位。
世田谷公園のガストに電話をすると会社携帯のiphoneがあった。
占いが上位の日は以外は外に出ない方が良さそうだ。

のはなし にぶんのいち~イヌの巻~ (宝島社文庫 C い 6-1)

のはなし にぶんのいち~イヌの巻~ (宝島社文庫 C い 6-1)


日曜に後輩と話したとき、
「嫁の家族が理想。お父さんがすごく家族を大事にしていて、お母さんはめちゃくちゃ元気」
と俺は言った。言って気づいた。あ、そうなんだと。
土曜のような接し方を嫁にしていると俺は後々大変後悔することになる。
世の中には先立つ後悔もあるのだ!と思い、洗濯物をたたみ、皿を洗い、トイレに床、風呂掃除をした。あいにく、嫁には魂胆を読まれて、簡易的罪滅ぼしとはならなかった。
「愛情はもらうものではなく、どれだけ与えられるかだ」
といった台詞、後輩ではなくそのまま自分に返してやりたい。

のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)

のはなし にぶんのいち~キジの巻~ (宝島社文庫 C い 6-2)


そういえば嫁に「ブログのタイトルの『やっぱり』っておかしくない?」と言われたので、ちょっとタイトルを変えようかと思ってる。


嫁のブログ(ものがたりとごはん)は絶賛更新中です。伊集院のエッセイも面白すぎて喫茶店で爆笑できるので合わせて読んで見てください。