読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

嫁の料理本をプロデュース

その昔、「食事」は人生の中で、わりとどうでもいい部類に属していて、


「これ牛肉?ああそう豚なんだ、あ、そう」


「このほうれん草うまいね。ああ、これ春菊?そうそう春菊」


とか「食事」はひどく義務的なもので、作ってもらった料理は「うまい」とさえ言って置けばいいとでもいうような態度で生活していた。
思い出してみると、うまいかどうかあまり気にしてこなかったし、それを伝え合って楽しむような環境にいなかったのだなぁ。



「イカとブロッコリーの和風パスタ、タラのフリット?、水菜と二十日大根のサラダ、たまねぎの?」


今、一番楽しいのは彼女と食べる夕食の時間。
単純に作る料理がうまいから。


こんだけ美味いのだから、料理本でも出したらいいのでは?
ちゃんと綺麗に写真撮って、ブログを書かせてアクセス増えればオファーでもくるのでは?
おれの仕事はWEBプロモーションなんだから、勉強がてらプロデュース?
アクセスなんか増やそうと思えばいくらでも増やせるぞ!
これは夢の印税生活!?


そういうことを考えている時、ちょっとふわっと宙に浮くような気分になる。


大抵、考えるだけでやらないのだけれど。