読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

人の間の人

来年ほぼほぼ出世することになった。
人と人の間の人、板ばさみ調整する役。
それは俺を、上に上げないと面倒な事が幹部連中に起きるからで、その面倒な事はお前が引き受けなさいということ。
正直不安な気持ちで一杯なのは、今までその役目を担ってきた優秀な上司*1がいなくなるからで、新しい体制でわからないことまで判断を求められたら、俺はやはり困ってしまうからだ。
まず初めに、何がわからなくて困りそうかわからない。
それがわからない以上、対策の施し様もないので、悩む必要すらないんじゃないかと思う。
てか、悩んでやるもんですか。
でも、よくよく考えるとその退社した上司も初めて経験するわからない状況の中で日々判断をしてきたのだなぁと、当たり前だけど。その立場にならないとわからない事ってあるね。
断ればよかったと思わなくもないのだけれど、引き受ける中にわからない「なにか」の可能性を感じてしまったのだ。
未知とはきっとそういうもの。

というわけで?
高校の同級生が地元から遊びに来てくれた。
デジタルフォトフレームを結婚祝いにくれた。
写真を撮らねばなるまい。
子供の写真とかいつか入れたいね。


人と人の間に子ができる。
人と人の間の人、調整役。
人間とはよくいったものだ。

*1:会社を立ち上げた張本人