読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

「おいしい」とか「ありがとう」をちゃんという

実家にいた頃の事を思い出して、少しぞっとした。
僕には、母親の作った料理を食べて「おいしい」とか「まずい」とかの感想を言った記憶がなかったから。
最近は、恋人によく「おいしい?」と作ってくれた料理に関して聞かれるのだけれど、そういえばそういう時も、僕は大体(ああ、そうだ。感想を言うのを忘れていた)となる。
昔からどうしていたかというと、おいしければ黙ってお代わりするし、そうでなければ出された分だけ食べて済ませていた。
どうもそういう習慣ってやつはなかなか抜けない。
これはまずいね。
もっと思い出してみると親に何かしてもらって「ありがとう」と言った記憶もあまりないのだよね。(最近は何かにつけて言うようにはしている)
未だにひとに「ありがとう」というのが少し恥ずかしくて、どうもまだ照れてしまうような感じがある。


「おいしい」とか「ありがとう」、そういうのをちゃんと言えるようにしたい。


めちゃくちゃ人としての基礎ではあるのだけれど、なんかソレなしで済まされてきちゃった部分が大いにあるらしい。
ちょっとっつ頑張るべー。