読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

彼女とモトカノが遭遇した(過去形)

前日になって、嗚呼俺はどうも心配し過ぎているなと思って、肩の力を抜くことにした。
ええい、ままよ*1!と望んだOB会は無事に終わった。


解散してモトカノから二年ぶりにメールが届く。


「ナイーブであることは人間としての素晴らしい美点の一つだけど”賢く”生きるには邪魔になるので。幸せにしてあげて」


何をわかったようなことを!


でも俺は


「そうだね。ありがとう」


と言った。


今、婚約者はキッチンでうどんを茹でている。


多分人生とはそのようなもので、モトカノとこの先、心を通わすことは二度とないのだろうなと思った。
そういうものだ。

*1:どうにでもなれいの意