読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

大人の条件

先日のカンブリア宮殿青木功が「ばかやろ心技体じゃなくて、俺は体技心だ」と昔のVTRでしゃべっていたのを見て、先週の体調不良によるモチベーションの低下を省みた。
やらなければならないこと、こと仕事に限れば大体忘れないし、〆切もあるからそれに合わせてやるのだけれど、家に帰ってからやるべきこと、たとえば炊事洗濯に加え、年賀状を書くとかピッチ代を払うとかになると、やらなくても俺が困るだけだし期限らしい期限もないのでついついサボってしまう。
精神的に体力がない。結局たまりにたまってきて俺に迷惑がかかっている。昨日の俺を、去年の俺をののしりたくもなる。因果応報とはよく言ったもの。
昨日、彼女に「絵日記買ってきて」と言ったら、今日ちゃんとジャポニカ学習帳を買っていた。彼女はすばらしい。バイトから帰ってきてちゃんと掃除するし、家族のために飯を作る。
そんな彼女に怒られない程度に生活しようと思ってしまう俺がいて、それは結局他人の目線でしか自分を律せないのだということ、凹む。

「大人とは、自分で自分のけつをふけるようになること」
独立事務所を持つ税理士いわく。
先生連中がいう事はいつも大体決まってる。耳が痛い。

今日思ったのは
「大人とは自分で自分を律する人」