読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

肝に命ずる。

上司に言われたね。
「(恋愛が時を経るに連れて)ドキドキ感がなくなっていくのは自分のせい。要は自分のやりようだ」
確かに。
「たとえば彼女が試験前だったら試験日前日に直筆の手紙を届くようにするとか、合格発表日に花が届くとかさ」
そういうのは準備してる自分も楽しいし、された相手も嬉しいね。
自分のやりよう。
ごもっとも。
そんな話をした帰り際、酔っ払いながら一人帰り道電話した。
「結婚したい女性ナンバー1の○子さんですか?」
「そーです」って楽しそうな声で出るから
「あ、すいません間違えました」
って。
手紙と花束を用意することに決めた。
思いついたら吉日。