読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

パパ〜に会いました、一回目。

先々週彼女のパパ〜に会いました。
何故「〜」と伸ばしているかと言うと、なんだかそんな感じだったからです。
挨拶だけしたのだけれど、パパ〜は僕を見ているというより、
僕の向こう側にある明日を見ているといったような表情をしていました。
おそらく、僕がたまたま訪れていた新聞拡張団だったとしても同じように接してくれていただろうといった不思議な大らかさ(?)を感じました。
あんな人見たことない。
なんか凄いオーラが出ていました。