読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やっぱり俺はこの子の事が好きなのだ

妻との出会いから子育てまで

上の娘が今可愛い

上の娘が今可愛い。 もう年長。 風邪を引き、結膜炎のように目が赤くなった妻を想い、 「可哀想だね。はやく良くなるといいね」 と思いやりをこめた口調で、鼻くそをほじりながら、そして最後には食べた。 下の子も可愛い。 まだ0歳。 嫌いな食べ物は全部床…

心機一転したいところ

あと2日で起業しての4期目が無事終了する。 「10年やって経営者」 「運だけでいける3億、努力でいける5億、才能で超える10億」 そういう事を事前に聞いていたので、だいぶ石橋を叩いて、日々地道にやっている。 まだ全然慣れた気はしなくて、社長を自称す…

子供をうまく褒められない

大人になると会話の潤滑油として相手の褒められそうな点を探し褒めるし、褒められたら謙遜や褒め返しをする。 もはや半分意味のない記号的なやりとりになっている事が多く、特に褒められても自信を持ったりしないし、逆に本当に褒めるべき事案があった際には…

群馬はいい所

3連休は伊香保温泉へ。 人生2度目の群馬、都道府県制覇8箇所目。 雨の予報だったが、運良く初日は晴れたので、渋川ハイランドパークへ寄った。 予報雨だったけど、なんとか持った ryu yamaさん(@farceagogo)が投稿した写真 - 2016 9月 17 1:42午前 PDT 雨で…

旅行振り返り

第一子と47都道府県制覇と62東京市区町村制覇という目標を思い出したので書く。 現在、12/109(達成率11%) けっこう行ったつもりだけど被りが多く、都内は忘れてるケースも多く、進んでいない。 もう10年あれば全部行ける計算だけど、近場から埋まっていき…

子供の叱り方

妻から聞いた話し。 先日、保育園の帰り道で、娘が同級生のやんちゃな男の子に突き飛ばされて、たんこぶができた。 その時、男の子の母親が 「そういうことすると◯◯で遊ばせないよ」 と男の子を叱った。 「そのお母さんはいい人なんだけど、なんかもやもやし…

帰宅して定点観測

インターン生と軽く飯食って飲んだ。 水金は外食が多い、22:30帰宅。 ぎりぎり娘は起きているかもと思い、寝室を開けると起きていた。 「ただいまって言わないから鬼かと思った。お母さんにぎゅってしちゃった。お母さんもう寝てる」 とひそひそ声で報告され…

サンタさん

昨日は妻の両親の家で義兄の子どもたちとクリスマス会(兼、妻の誕生日)。 ピザにパイにケーキと、中年に差し掛かった自分にはちと重いメニューも楽しそうな子どもたちに囲まれて食べると美味しい。 今日は夕飯後に昭和の洋楽クリスマスソングをかけて娘と…

愛情表現の話し

「もっと娘に直接的な愛情表現した方がいいよ」 と妻に何度か言われていた。 つい最近ようやく「おいで」と言ってハグしたり、娘の名前を読んで「好きだよ」と言えるようになった。 自分の中にある好意にあたるであろう群を総称して、”好きだ”と認識し、”好…

父親の自覚について

会社から自転車で帰る途中、 「おとーさん!おとーさん!」 とどこかで聞いた声がして振り返ると、 妻の実家で夕飯を終えた自宅へ帰る妻と娘を乗せたご両親の車に遭遇。 声の主は娘だった。義父が、 「よーい、どん!」 と言って車と自転車の競争。 家に先に…

妻からの不満

妻に自分(夫)の不満を書いてもらった。 仕事で夫婦関係改善サービスのようなものをつくろうかと思っていてその事前調査として、まずは妻に書いてもらった次第。 ■夫に対する不満 <未解決> * 家事に非協力的だったため分担を細かく決めたが、こちらが言わな…

その6:沖縄県那覇市

直近10年の天気を調べて行ったかいあって去年台風で行けなかった沖縄旅行に成功。 GW前に行ったので料金もまずまず安く抑えられた。 日本の共稼ぎ世帯は旅行をしようと思うとハイシーズンを避ける日程調整が大変で、基本は平日に1日休みとって土日と組み合わ…

いまのところ教育をする気がない

妻が保育園にお迎えに来たのを見つけた娘の友人が親切にそのことを娘に教えてくれたのに、娘は「ひとの事はいいから!ほんとにそういうこと言わなくていい」とぶち切れたらしい。 妻は「親切に教えてくれたのだから、そういう言い方で言われたらきっと悲しい…

その5:茨城県水戸市

3月21日。 大学の先輩の所へ行き、大洗に一泊。 飯屋の予約などを直前までさぼり、若干の後悔。 偕楽園に連れて行ってもらう。 先輩の息子と我が娘が初絡み。 娘の方がお姉さん、物のやりとりが略奪的な部分があり、仕方ないとは言え、見ていてヒヤリとする…

記念日

3月6日。 結婚式記念日ということで娘は妻の実家に預けた。 昨今、ベビーシッターに子供を預けてデートしたいと言うだけで炎上するらしいのですが、実家に預けるなら大丈夫なんでしょうか? 何かうまそうなものを食う口実としてはいい日な気がする記念日。 …

その4:神奈川県横浜市

1月25日から1泊2日。 アンパンマンミュージアム、中華街で安くてうまい中華を食う、山東だったけかな。 ふらっと寄った手相屋でこんなに経営者向きの手相はないと言われいい気分。 コスモワールドの観覧車を見ながら家族風呂が楽しかった。 日曜泊だったので…

嘘をつくようになった

3歳になった娘は嘘を覚えて使い出した。 あるものは他愛のない、あるものは保身のための嘘。 発達の過程として考えれば嘘をつく行為自体に問題ないが、しつけとしては少なくとも嘘を嘘だと指摘する必要があり、場合によってはその嘘はいけないと教える必要が…

その4:池袋のトイザらス

人の親になって時間が立てば立つほど自分の両親からの影響を意識せざるを得ない今日この頃、先週こどもと二人きりだったのでトイザらスに行ってきました。 2歳10ヶ月の娘の「所有」という概念はまだ曖昧。 「一つだけ買ってあげるから好きなのを選びな」 と…

退治されるものとしての鬼

ハロウィンなので何かせねばという思いから、「Trick or Treat」という本来の目的を忘れ、鬼の仮装を買って妻に着せ娘を説教する事にした。 仮装した内股の鬼に下記を要求させる。 「トイレに行こうと言われたら、すぐに行け」 「パジャマをすぐ着ろ」 「歯…

2歳半の娘が繰り返し観た映画と最後まで観られなかった映画

発端は映画を見せてると時間を稼げて面倒みなくていいという所から始まりました。 様子を見ながらどんどん映画を見せて行きたいなと思っているのですが、繰り返し観た映画と最後まで観られなかった映画があって、その境界が大人にはわからなかったのでその振…

その3:兵庫県

1泊2日、病み上がりの妻は墓参りに、その間俺は娘と2人でアンパンマンミュージアムに。 スーツケース引きながら、片手で眠る娘を抱えて、慣れない電車を乗りかえするのはつらかった。 ドキンちゃんのポシェット、バイキンマンのポップコーンと風船。 ねだら…

2才児と交渉をする

妻に風呂に入れと言われた娘が本を3冊持ってきて全部読んでくれと言う。「わがまま言わない」妻に諭され、泣き喚く娘。私はこの状況をこう理解した。 妻の要望:風呂に入って早く寝て欲しい 娘の要望:本を読んで欲しい 私ことお父さんはエージェントとして…

その2:長崎県

蒸し暑い、地元民の運転が荒い、駐車場がない、目当ての店は激混みだ。 そして妻の機嫌が悪いことが分かった僕は余計に機嫌が悪くなった。 2泊3日の1日目、事の発端は僕。 前日まではとても楽しみに、その日を目指して仕事を巻けるよう頑張っていた。 当日に…

トトロが好き

四夜連続のトトロ上映。 先週の金曜ロードショーでやってたやつを毎日娘が見ている。自分自身子供の時すごく好きで繰り返しビデオで観ていた。 たぶんトータル20回くらいは観たと思う。それでもまた親になって観て新しく気づく。 「どんぐり」「おばけ」「あ…

その3:品川水族館

2週間ほど前の2人きりの週末、品川水族館へ行きました。 イルカショーを最前列で見て、水を浴びてテンションドン下がりな娘、以降、すべて抱っこを命じられる。 亀だのエイだの楽しんでいた。 帰りに寄った蕎麦屋の接客が子供にとても親切で感動した。 「エ…

妻と二人きりでデート

不定期で「たまには」という話になる。 子連れでいけない所に行こう。 今回は映画、買い物、レストラン、娘は妻の実家に預ける予定。 レストランの予約、見る映画を決め、準備万端、「明日楽しみだね」となった段で、娘が発熱した(前回もそうだった) 「お…

その2:羽田空港国際線

大田区は羽田空港国際線。日本を出ようとしている人を見てそわそわしたかったのと、娘に飛行機を見せたかった。地図を見る娘。パンフレットがあるとすぐ取ってくる。キティちゃんの飛行機があった。本当は間近で見た方が大きさがわかっていいんだけど。大型…

その1:新宿御苑

大雪被害で立ち入り禁止区域がちらほら。 たくさん木が折れていた。62東京市区町村制覇は、妻がいない場合の休日の過ごし方(離島は除く) 新宿御苑は芝の手入れが行き届いていて寝転がるのに最適。近くのタリーズで買ったチーズケーキとチョコなんちゃら(…

今朝タイムマシーンに乗った

目が覚めた。 携帯の時刻を見て、起きるべき時間より1時間早かったのをどういうわけか寝ぼけて本気でこう思った。「やばい、まだ22歳だった!」いつもどおり32歳になってから起きるつもりだったのだ。 一番に思ったのが嫁に会うまでにあと3年はかかること。 …

その1:静岡県熱海市

1泊2日。 テーマは「のんびりする」ということで、特に回るべき観光スポットがない熱海は最適だった。 飯食って海を見て温泉入って寝るだけ。 飛び石連休の平日だったので人おらんだろと思ったら多かった。 寒い日の足湯は最高。 「家に足湯を設置したい」と…

47都道府県と62東京市区町村の制覇を娘とする

暇になるとろくな事を考えません。 自分の人生があと40年として、働かない休みの日が年間100日あるとするとあと4,000日、つまり丸々10年は自由に使える日があるわけです。 そう考えた時に「やばい!やりたいことが10年分もない!」と気づき、「あれ?俺なん…

2歳の誕生日

娘が2歳になりました。 お祝いメッセージやプレゼントを親戚や友人にたくさん頂き幸甚です。 そういった環境が娘に今あることはひとえに人付き合いのマメな妻のおかげだと思います。 本人はまだ誕生日の意味もわかっておりません。 ハピバスデーチューユーを…

親になった実感

子供は1歳と10ヶ月。 あと20年近く面倒を見る。 高校や大学にいくかもしれないし、いかないかもしれない。 でもそうしたいと言った時に、最低限の蓄えは持っていたいと思う。ゆえに計画を立てる必要がある。自分が両親に暗黙にしてもらった事は、そういうこ…

他人様に迷惑をかけてもよい、ただし他人も許す、そして最期には一緒に喜ぶ

「他人様に迷惑をかけてはいけない」 という言葉を親が子供に言っているシーンを最近みた。 どこでだか忘れた。夢だったかもしれない。他人に迷惑をかけないため状況について考えてみる。 振りかかる事象、すべてを自分一人で解決する。 自分一人で解決でき…

2人きりの土曜日

明日は嫁が出勤なので、娘と2人きりの土曜日。 本当は水族館に行きたかったのだけど、昼寝がちゃんとできなそうなので(日曜から旅行なのであまり下手に疲れさせられない)、却下。区が運営する子供が遊ぶ場所があるので、そこへ行ってみる(名前を忘れた) …

だらだら日記

32歳、からだが急にだらしなくなった。 腹筋と腕立てと2km走った。 そういえば体が重い気がする。「今の時期が一番良いよ」 と通りすがりのジジババに娘を連れていると言われる。 たしかに、屈託のない無邪気な笑顔というのは今の時期だけかもしれない。 意…

理想の朝と休日について

30過ぎても自分探しててもいいと思うわけですよ、俺は。 「見つけた。何を。自分を。海と溶け合う太陽を」 溺れそうになってもがいて掴んだワラが自分の欠片だったりするんだと思います。 そういう類のもの、自分探しとは。 ジブンタチノオリジナリティ、タ…

娘の成長に危機感、もとい

毎日出来なかったことがひとつずつできるようになっていく。 それは見ていて単純に嬉しい。 でも、それと並行して感じているのは「人生の後輩としての娘」に迫られる危機感。 娘は日々泣き、叫び、怒り、そして笑いながら、ものすごい勢いで一つずつ親の俺と…

相談と遠慮

妻に「あとで相談があるの」と言われて、ちょっとドキッとした。普段ない事だから。 あとで相談があるにしても、「何についての相談か」を明示してもらうだけで、心象が違うと思う。内容を伏せられると、説明に困難を要するような重いテーマなような気がして…

新しい世界

夕飯を食べて居間で寝っ転がっていると1歳4ヶ月の娘が自分の靴を持ってきて、「はい」と言って渡してきた。 渡された靴をどうすればいいかはお前がわかっているだろう?ってな感じだ。先日、初めて保育園に迎えに行った。 一緒に歩いて帰ると、娘は枝を拾っ…

1才児と父の仕事

保育園の送り担当です。 8:30に起きて9:10には準備を終えて出発します。 靴下と靴を履かせて、妻が用意したバック一式を持って出かけます。 保育園には10分程度でつきます。 ついたら、下駄箱に靴と靴下を入れ、教室に入って、先生に挨拶をして、おむつ入れ…

子供の背中

iPhoneから送信

村上春樹の新作を読んだ

ネタバレなし。色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年作者: 村上春樹出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2013/04/12メディア: ハードカバー クリック: 3,074回この商品を含むブログ (328件) を見る今回のテーマは喪失感を埋めていく話。 過去をひきずって…

登園

ならし保育中。 保育園に送るのが僕の仕事。 保育園につくと親がいなくなるのがわかるのか娘はメソメソして、別れ際は必ず泣いていたのですが、今日は初めて泣かず、バイバイと手を振ってくれました。 また少し成長したと思って、感心しながら長めに手を振り…

愛だの恋だの

テラスハウス見てます。 先週は怒涛の展開でしたね。 なんかあの中で無理に恋愛しようとしてる感じが若干あるように感じるのは俺だけなんでしょうか? 俺は同居人以外を好きになっていいと思うんだよね、ラブワゴンで海外を旅してるわけじゃないし。 スポン…

草食時代の欲望の欠如と対策

2月上旬に会社を辞めました。 辞めた理由は色々あったと思うのですが、1ヶ月も経つともはや当時の気持ちを「とにかくダメになってしまった」という程度にしか思い出せないようになっていて、今となって根本的な部分として感じているのは、このまま40代50代に…

楽しい思い出はすぐ忘れるに限る。

なぜならこの先にもっと楽しいことがいっぱいあって、記憶容量が足りなくなる事必至なわけだから。 第一、振り返ってあの時、楽しかったなぁと思うには、まだ早すぎる気がする。 過ぎたことはすべて忘れて、どうしたらより楽しい事ができるかだけを日々考え…

娘が怒られ始めました

お父さんと呼ばれるのに未だに抵抗がある今日、皆さんいかがお過ごしでしょうか? 大人だから色々あって、久しぶりのブログ更新です。娘は捕まり立ちできるようになりました。あと手押し車みたいのを押しながら歩く事ができます。まだ自立歩行はできません。…

今日気づいた事

子供の表情は豊かだということ。 おっさんに見えたり、かわいく見えたり、意地悪そうに見えたり、やさしそうに見えたり。 大人になると喜怒哀楽、よく使う感情の表情に筋肉が固定されていくのかしらん。